ガラスは割れなければ交換しなくてよいですか?|目黒区のガラス交換ならお任せ下さい。

  • faq
Q

ガラスは割れなければ交換しなくてよいですか?

質問 目黒区の一軒家に住む者ですが、我が家には小さいわんぱくな息子が3人もいるため、いつも家の中は騒がしくて、ドタバタ走り回る音が絶えない状態です。
私も主人も小さいうちは自由にさせそうと決めていますが、以前長男が遊んでいて家のガラスに激突してガラスが割れたことがあり、それからは危険を伴う遊びについては厳重に注意するようにしていて、特に窓ガラスの近くでは遊ばないようにさせています。
怒ると怖いことは3人ともよく知っているので、注意したことに対してはしっかり守っています。それなのに、先日家の窓ガラスの1つに小さいですがひび割れがあるのを発見しました。
子供たちに聞いても身に覚えがないということなので、とりあえずその話を信じることにしたのですが、何もしなくてもガラスに傷が付いたりひび割れが起きたりすることはあるのでしょうか?
本当に小さな傷なので、交換するつもりはないのですが、このまま放置していても問題ないでしょうか?もし問題があるならテープなどを貼れば補強できると思いますが、そのような対策をとってもよいでしょうか?
A

少しでもひび割れがあるならすぐに交換することを推奨します

家の窓ガラスが割れるのは、小さなお子さんが遊んでいて激突したりボール遊びをして窓に当てたりすることなどが原因になることが多いですが、住人が何もしなくて、知らない間に鳥が窓にぶつかっていたり、飛来物が当たったりして割れることも珍しくありません。
それに、窓が割れる原因には「熱割れ」という現象もあります。これは、室内と室外の温度差によりガラスが割れてしまう現象のことです。
日当たりの良いガラスは、長い間直射日光を浴びています。強い日差しが当たると、ガラス中央の温度はどんどん上昇して膨張していき、ヒビが入ったりすることもあります。
また、ガラスにも経年劣化があり、常に細かいチリやゴミにさらされていることから、目に見えないような小さなヒビが入ってしまうこともあるのです。
ガラスに付いた傷やヒビは、どんなに小さくでも発見したらすぐに交換することを推奨します。小さな傷でもどんどん大きくなり、突然割れることがあるからです。
ガラスの小さな傷をテープなどで補強することは可能ですが、それをすると泥棒や空き巣に狙われやすくなるので、そのような対策は取らない方がよいです。実際にヒビが入った窓ガラスをガムテープなどで補強して、それが原因で空き巣に入られた事例は複数確認されています。

PageTop

株式会社窓ライフ
目黒区東山2-10-6 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日

Copyright(C) 株式会社窓ライフ All Right Reserved.