大田区のガラス交換ならお任せ下さい。

川崎のガラス交換【ポイントとFAQ】

窓に関することでしたら、迷わす株式会社窓ライフをご用命ください。
窓とドアの修理のプロとして、大田区と川崎を中心に窓の修理、交換、玄関ドアのリフォーム、アルミ製品全般の取付けからカーポートの取付け工事まで、幅広く対応しています。
間違って窓ガラスを割ってしまった場合や、知らない間にガラスにヒビが入っていたときなど緊急を要する際にはすぐにご自宅に伺い短時間で修理をさせていただきます。
空き巣や泥棒対策で、鍵の強化のための交換や取付けなどの防犯対策もお任せください。

株式会社窓ライフ

経験豊富なプロスタッフが最善の方法をしっかり考え、予算にも合わせて対策させていただきます。
お陰様で個人、法人問わずに多く方々よりご依頼を頂戴しておりまして、これまで様々な難題もたくさん解決してきた実績があります。窓やドアに関連する質問にも無料でお答えしております。お急ぎの方はお電話をいただければ、詳しく内容をお聞きして解決策をご提案させていただきます。メールやLINEでのお問合せも歓迎しておりますので、皆様のご都合の良い方法でご連絡ください。
即日対応も可能ですし、もちろんお客様が希望するお時間にお見積りや修理に伺わせていただきます。

01ガラス交換を専門業者に依頼するメリットとは

家のガラスを割ってしまうことは良くあることで、その場合は多くの方が専門業者にガラスの交換を依頼することになります。
DIYが得意であれば自分で何とかするという方もいるかもしれませんが、特定の窓に合うガラスを探すことは容易ではなく、ガラスカットが必要な場合は、特別な道具が必要となるため、あまり現実的ではありません。
面倒な手間を省けることもガラスの交換を専門業者に依頼する一つのメリットですが、割れたガラスを交換するときには、ガラスに触れてケガを負う可能性もあるため、それを回避できることも大きなメリットです。
もちろん、専門業者であればガラスの取り扱いが豊富で、どんなガラスにも対応してくれます。たとえ特殊なガラスだとしても、大概は取り寄せてもらうことができます。
ガラスのことを知りつくしている専門業者であれば、知識も豊富なので、現在の環境に合わせたガラスをチョイスして提案してもらうこともできます。これまでのものよりも遮音性や断熱性などが高いものに交換してもらえば、生活が快適になる場合もあります。
古いガラスを交換しただけでも、部屋が明るくなって生活の質が一気にあがるのも良くあることです。

02初めてガラスの交換をするときの応急処置について

家のガラスを割ってしまう可能性は誰にでもありますが、実際にそのような経験をしている方はあまりいません。したがって、いざ家の窓ガラスを割ってしまい交換が必要になったときの応急処置の仕方について認識している人の方が少ないと思います。
窓ガラスが割れるとパニックになってしまうのが普通ですが、まずは冷静になってガラスの修理業者に連絡を取りましょう。
ガラスの交換を自分で行うことも不可能ではありませんが、それをできるのはよほど器用な方か、交換の経験がある方だけです。
ガラス修理業者はインターネットで検索すれば容易に見つけることができます。「ガラス修理」とお住いの地域で検索しましょう。
割れたガラスの片づけは、ガラス修理業者がやってくれるので、自分で片付けようとしないことがポイントです。
しかし、人が通り場所などにガラスの破片が飛んでいる場合は、応急処置が必要になります。特に小さなお子さんがいる場合は、怪我をしないように早急に片付けてください。
その際にはほうきや塵取りを用意して、あれば軍手などを使用してください、軍手がない場合は雑巾や新聞紙を使用して、安全第一を心掛けましょう。

初めてガラスの交換をするときの応急処置について

03ガラス交換に関することで良くある3つのお悩み

1.割れたガラスの処理は誰が行う?
窓ガラスが割れて飛び散ったガラスを自分で片付けすることは危険なので、ガラス交換や修理を専門業者に依頼する場合は、業者が来るまま手をつけないで現場をそのままにしておけば問題ありません。
どうしても現場を歩き回らなくてはいけない場合は靴やスリッパを履いて、小さなお子さんがいる場合などは、現場に入らないように気をつけてください。

2.ガラスの交換にかかる時間は?
ガラスの種類や窓の大きさや状況などによってガラスの交換にかかる時間は異なりますが、一般的なガラスであれば30分から1時間程度で作業が完了するケースが多いです。
サッシごと交換する場合や複数の窓ガラスを交換するときにはそれ以上の時間がかかりますので、気になる場合は事前に依頼先の業者に確認しておくことをおすすめします。

3.異なる種類のガラスに交換できる?
持ち家であれば、自分の好きな種類のガラスに交換できます。
マンションなどの賃貸物件の場合は、オーナーなどへの確認が必要となり、同じガラスに交換する場合も念のため交換してもいいかの確認をとりましょう。

04ガラスの交換で必要になる技術にはどんな種類がある?

ガラスの交換で必要になる技術にはどんな種類がある?

ガラス交換の対象となるのは家の窓ガラスだけではなく、住宅関連だけでも建具から家具など幅がかなり広いために、対象物や状況に合わせたさまざまな技術が必要になります。また、ガラス交換には安全性も求められるため、ガラスの種類を見極めてサイズに合ったガラスを選んで正しく取り付けなくてはいけません。
ガラス交換には細かいところで職人の技術が求められています。窓ガラスの交換にはそれほど技術は必要ありませんが、家具や建具などにはいろいろな種類があって、はめ込まれているガラスにも特徴があるケースが多いため、場面に応じた対応が必要となります。
交換だけならまだしも、小さな傷や細かいひび割れにも対応しなくてはいけないため、補修の技術も習得しなくてはいけません
また、厚みのあるガラスの修繕には研磨する技術も必要になることもあり、研磨によって傷を目立たせなくする場合も良くあります。
交換をすべきか修繕で対応するかの判断力も求められますが、特殊ガラスで同じものに交換できない場合は、依頼主の要望なども聞いて的確な対応をしなくてはいえません。
割れたガラスの片付けも職人の仕事の一つで、依頼主にケガをさせないような気遣いも必要となります。

05東京都大田区のガラス交換専門店

東京都大田区にあるガラス交換・ドア修理の専門店で、予算に合わせて広域にわたってニーズにしっかり応えます。
大田区は、東京都23区の一つで、区部南部に位置しています。大田区には2021年7月時点で約74万4千人の人たちが暮らしています。
大田区と言えば羽田空港があることで有名ですが、鉄道網も充実していて、JR東海道線、JR京浜東北線、京急本線、京浜急行線、東京モノレール、都営浅草線、東急東横線、東急多摩川線、東急池上線、東急目黒線、東急大井町線などの多くの路線が乗り入れています。
一口で大田区と言ってもエリアごとで全く雰囲気が異なり、区内には日本有数の高級住宅街である田園調布もあれば、あまり治安が良くないと言われている蒲田や、商店街が多く暮らしやすいと言われている大森や、昔ながらの家が多く立ち並ぶ鵜の木や、飲食店が多く買い物に困ることなく暮らせる池上などがあります。
大田区には高齢者も多いことから、シニア向けのサービスなども充実しているのが特徴で、高齢者が酸化できるいろいろな仕組みが確立されています。
大田区は東京23区内でも家賃相場が低く、完全バリアフリー化された高齢者向け住宅もたくさん用意されています。

06ガラス交換にかかる費用は依頼する業者によって変わるの?

結論から言えば、ガラスの交換を専門業者に依頼した場合、選択する業者によって費用は大きく変わる場合もあります。
サイズが小さい一般的なガラスであればそれほどの差が出ない可能性が高いですが、特殊なガラスでサイズも大きく、複数のガラスを交換するとなると、価格に大きな差が出ることもあります。
ガラス業者はそれぞれ基本料金を設定していますが、それは一般的なガラスに限った場合がほとんどで、特殊ガラスになるとその都度料金を見積りしてもらうことになります。

ガラス交換にかかる費用は依頼する業者によって変わるの?

また、ガラスを交換するときには古いガラスを処分しなくてはいけませんが、業者によって処分費用が基本料金に含まれている場合もあれば、別途処分費を請求されることもあります。
ガラスを交換してもらうには自宅などに来てもらう必要がありますが、そのためには交通費がかかり、業者によっては出張費無料で対応してくれるとこもあれば、交通費などが上乗せされることもあります。特に遠方の業者に依頼する際には、この点に注意しておく必要があります。
ガラスはいつ割れるか分からないため、早朝や夜遅くに修理が必要になることもありますが、時間帯や曜日によって追加料金がかかるケースも少なくありません。

07ガラスの交換をするときに気をつけるべき3つのポイント

01交換する意味を明確にしよう

ガラスが割れた以外で家の窓ガラスを交換する場合は、交換する意味を明確にすることが大事です。
たとえば、窓の結露が酷い場合は、ペアガラスすることで問題を解決できる可能性が高くなります。
防犯効果を高めたいなら、防犯ガラスに交換するという方法が効果的です。ただし、窓ガラスについての知識がないと、強化ガラスなどあまり意味のない商品を選択してしまうこともあるので、交換する意味を業者側にしっかり伝えることが大事なポイントです。

02窓ガラスの交換だけで良いか考える

窓を交換するリフォーム工事では、窓ガラスだけを交換する方法と、サッシごと交換する2つの方法があります。
窓ガラスを交換するだけで目的が果たせることもありますが、サッシごと交換しないとそうならないこともあるので、予算とも相談しながら依頼する業者の意見もしっかり聞いたうえで最終的な判断をしてください。

03業者によって交換費用が異なる

窓ガラスを交換してもらう業者によって、全く同じガラスでも費用が大きく変わることもあります。
特に何かのトラブルで窓ガラスが割れて交換が必要になるときは、早朝や夜中などのケースもあり、その場合は業者によって時間外手当などの追加費用が発生することもあります。
そうでなくても業者によって利益の取り方が異なるので、できるだけ多くの業者から相見積もりをとることをおすすめします。

08ガラスを交換してもらう業者を選ぶポイントとは

ガラス交換をしてもらう業者は、よほど急いでいる場合は仕方ないとしても、焦らず見積書を丁寧に確認してから依頼を決めることがポイントです。
急いでいてどれだけお金を払っても良いからすぐに修理をして欲しいというなら何も言いませんが、そうでなければガラスを交換してもらう業者は明朗会計であることが第一条件です。
ホームページを確認して、料金が明確に表示されていない場合は注意が必要です。ホームページ上に金額が掲載されていても、それはあくまでも目安の料金なので、施工前には必ず見積書を提示してもらいましょう。
見積書をろくに確認しないで工事をはじめると、トラブルが起きやすくなります。見積りの提示がないまま工事をはじめようとする業者とは取引しない方が良いです。
そのような業者に任せてしまうと、工事後に高額な請求書を渡される可能性が高くなります。悪徳業者ではないかもしれませんが、金額を全く提示してこない業者には気をつけた方が良いです。
見積書を提示されたら内容をしっかり確認して、内容がよく分からに場合はその点について尋ねて、納得がいった上で工事に取り掛かってもらいましょう。

09業者選びに関することでよくある相談とは

業者選びに関することでよくある相談とは

ガラスが割れるのは、大概は予期しなく起きることから、どの業者に依頼すれば良いか悩む方も少なくありません。そのため、業者選びに関する相談をされることも多いです。
今ではインターネットで検索すればガラスの修理や交換を行ってくれるいろいろな業者のWebサイトを容易に見つけることができます。その中には多くの情報が書かれているので、以下に揚げる点を総合的に判断して依頼先を決定することを推奨します。
サイト上には料金に関する表示があることも多いですが、それはおおよその金額であるため、依頼する前には電話などで具体的な金額を確認しましょう。
このときには出張費がかかるかどうかも忘れずチェックしてください。また、サイトに掲載されている料金が相場よりも安過ぎる業者には注意した方がよく、そのような業者は電話でも安い金額を提示してきて金銭トラブルが起きやすい傾向にあります。
信頼できる修理業者を探すには、保証があるかどうかも大きな判断基準です。保証があれば、万が一作業中や作業後に何かあっても無償で対応してもらえます。
ほかにも、見積りを無料でしてくれるかも大事なチェックポイントになります。

10修理に関することでよくある3つの質問

質問 割れたガラスは自分で片付けなくてはいけないの?
回答 窓ガラスが割れてしまって、修理業者を呼ぶまでに、割れたガラスをどうすれば良いか困惑してしまう方も少なくないようですが、危険な状況でないならそのまま放置していても大丈夫です。
修理業者は割れたガラスを交換してくれるだけでなく、ガラスの片づけも無料で対応してくれる場合がほとんどです。
状況に応じてガラスをまとめておくなどすれば、作業がスムーズにいくことになります。
質問 修理業者に来てもらう前に確認すべきこととは?
回答 家の窓ガラスが割れて修理業者を呼ぶときには、割れたガラスがどのようなものかを分かる範囲で伝えることをおすすめします。
一般的なガラスなら、現場で問題なく対応してもらえますが、特殊なガラスだと手配が必要になります。
あとは、火災保険について確認しておけば良く、ガラスの修理は保険で対処できることもあるので、その点も問い合わせの際に業者に確認しましょう。
質問 賃貸物件のガラスが割れたときにはどうすれば良い?
回答 アパートやマンションや賃貸の一軒家の窓ガラスが割れたときには、最初に管理会社や大家さんに連絡しましょう。
無許可で勝手にガラスを修理すると、あとでトラブルになることがあります。特に前と異なるガラスにしてしまうと、工事がやり直しになってしまうこともあるため、自分の判断で工事を進めることは絶対に避けてください。

11業者選びの注意点

POINT 家の窓ガラスが割れて、どうすれば良いか途方にくれるという経験をした方もたくさんいると思いますが、そんなときにはガラスの修理・交換をしている専門業者に連絡すれば、敵座に対応してくれます。
ただし、依頼先によって費用は異なり、場合によっては倍以上料金が違うこともあるので、業者選びは慎重に行う必要があります。
価格面に関しては、焦って1社だけに絞るのではなく、複数社の情報を集めて電話でも良いのでおおよその費用を確認することが大事になります。
現場を確認してもらわないと正確な金額は出てきませんが、ガラスの種類や大きさなどの詳細情報を伝えれば、かなり正確な修理費用を算出してもらうことは可能です。このときに曖昧な返事をしてくるような業者とは取引しなければ良いだけです。
最近では出張料や見積り料などが無料の業者がほとんどですが、中には料金が掛かる業者もいるので、問い合わせたときにその点を確認しましょう。依頼もしないのに余計な費用はかけたくないと思います。
見積書の説明が分かりやすくしっかりしていて、接客や受け答えなどの対応が良ければ、気持ちよくガラスの修理や交換を任せることができます。あとは、対応スピードの速さも重要なポイントです。

12窓の種類について

毎日何気に使用している家やオフィスなどの窓には、数多くの種類があります。
家の窓で最も多く選ばれているのは「引き違い窓」で、2枚の窓をそれぞれ左右に開けるようになっています。
「内開き窓」「外開き窓」は、まとめて「片開き窓」と呼ばれていて、その名前の通りに1枚の窓を内側、もしくは外側に開いて使用する窓のことです。
「両開き窓」は、海外で使われることが多いタイプの窓で、「片開き窓」と同じように開きますが、窓が2枚ついているタイプです。
「上げ下げ窓」も、海外でよく選ばれますが、こちらは2枚の窓を上下にスライドさせて開閉させるタイプです。防犯性の高さが特徴です。
「すべり出し窓」とは、窓枠の溝に沿って窓を動かすと、窓が回転して開閉できるようになっていて、横滑り窓と縦すべり窓の2つの種類が用意されています。
「倒し窓」とは、内倒窓枠の下側を支点にして開閉する窓で、家の内側に開く窓は「内倒し窓」、その逆を「外倒し窓」と呼びます。
「突き出し窓」というのは、倒し窓と反対に、窓枠の上側を支点にして開閉する窓を指しています。
「ルーバー窓」とは、羽状になったガラスをハンドルで操作し、回転させて開閉する窓のことです。

FAQ一覧

PageTop

株式会社窓ライフ
大田区大森北5-2-4 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日