窓ガラスの交換を回避するためにできる予防策とは?|大田区のガラス交換ならお任せ下さい。

  • faq
Q

窓ガラスの交換を回避するためにできる予防策とは?

faq-visitor8 先日お隣さんに泥棒が入りました。私がパートから帰ってくるとちょうどお隣の奥さんが玄関から出てきて、私の方に駆け寄ってきました。
明らかに動揺していたので何事かと思いましたが、買い物から帰ってきたら家の中が荒らされていて、もしかしするとまだ家に中に誰かいるかもしれないと思い出てきたということでした。
とりあえず奥さんを我が家に避難させて、すぐに警察に電話をして来てもらい現場検証を行うと、家の中にはもう誰もいませんでしたが、現金や貴金属などが盗まれていて、泥棒は窓ガラスを割って侵入したことが分かりました。
私も被害現場を見ましたが、テレビドラマで見るような感じでガラスが一部分だけで割られていて、それを見て急に強い恐怖感に襲われました。
その日主人が帰ってきてから今日のことを報告すると、明日は我が身なので対策した方が良いということになったのですが、窓ガラスを割られるのを防ぐための対策はあるのでしょうか?やはり素人考えでは防犯ガラスにすることくらいしか思いつきません。
A

防犯ガラス以外にもいろいろな対策があります

家の窓ガラスを割られないようにするには、ご指摘の通りに防犯ガラスに交換するのが最善策ですが、その他にもいろいろな方法が用意されています。
家の窓全部を防犯ガラスにするとかなりの費用がかかるので、そんなことはできないと考える方も多いみたいですが、泥棒が侵入する窓は限られているので、専門業者などに相談して必要な窓だけを交換すれば費用を抑えることができます。
防犯ガラスでなくても、簡単に侵入対策ができる防犯フィルムもあります。これなら自分でガラスに貼り付けるだけで良いですし、費用も安く抑えることができます。
侵入されそうな窓に面格子を付けるのも効果的です。この場合はアルミ製やステンレス製や鉄製のものを選択するのがおすすめです。面格子は窓の内側に取り付けるタイプもあります。
家の窓に補助鍵を付けることも、防犯対策としては効果的です。泥棒は家の中に侵入するに時間をかけたくないので、しっかり対策していることを知らせれば、それだけでも立派な対策になります。
窓開閉センサーを付けることも良い方法で、窓が割られたり家の中に誰かが侵入したりした際に大きな音が鳴れば、泥棒はその場をすぐに立ち去るしかなくなります。
対策を取っても泥棒に侵入されたときには、すぐに警察に連絡すれば良いですが、犯人を特定してもらうためには警察が来るまでは現場をそのままにして、何にも触れないようにしてください。

PageTop

株式会社窓ライフ
大田区大森北5-2-4 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日