ガラス交換するまでに時間がかかるときの対処法とは|大田区のガラス交換ならお任せ下さい。

  • faq
Q

ガラス交換するまでに時間がかかるときの対処法とは

質問 大田区在住で横浜市内の会社で働いている者です。私が勤務しているのは社員5人の小さな会社で、唯一の女性社員である私は毎朝一番早く出社して事務所の掃除をしています。
いつものように朝8時前に会社に着くと、2階にある事務所の窓ガラスが割れていることに気づきました。どう対処して良いか分からないので、窓周り以外は普段通り掃除をしていると次に社長が出社してきたので事情を説明し、社長がガラスの修理業者を手配してくれました。
事務所の中には現金はなく、特に盗まれてまずいものもないので良かったですが、ふと家のガラスを早朝や夜中に割られてすぐに修理してもらえない場合はどう対処すれば良いの?と考えてしまいました。
結局会社の窓ガラスは誰かが石を投げ込んで割れたことが分かりましたが、犯人は見つかっていません。自宅でもこのようなことは起こり得るし、台風などの災害時にガラスが割れてすぐには修理業者に来てもらえないこともあると思うので、ガラスを交換してもらうまでに時間がかかるときにはどうすれば正解なのか教えてください。
A

ガラスが割れたら落ち着いて行動してください

突然窓ガラスが割れたときには動揺していまい、間違った行動をする方も多いです。
割れたガラスに触れるのはとても危険なことなので、くれぐれも落ち着いて行動するようにしてください。そのためには、万一に備えた備えをしておくことが大事なのです。
家に小さな子供やペットがいる場合は、割れたガラスに近づけないように配慮することからはじめてください。ガラスの修理業者がすぐに来てくれるような場合は、無理をしないで飛び散ったガラスをそのままにしておきましょう。
修理業者は割れたガラスの片付けもしてくれます。修理してもらうまでに時間がかかりいろいろな支障がある場合は、靴や厚手のスリッパなどを履いて大きなガラスの破片から片付けましょう。このときには手袋があれば安全なので、万一に備えて用意しておくことをおすすめします。
窓を塞ぐことが必要な場合は、段ボールやクリアファイルなどを使用して応急処置をしてください。破損した部分をそれらで隠すようにして周囲を養生テープで止めます。ガムテープは粘着力が強すぎて窓枠などが汚れてしまうこともあるので、養生テープもあらかじめ準備しておきましょう。
このように、ガラスが割れたときに備えておけば、冷静に行動することができます。

PageTop

株式会社窓ライフ
大田区大森北5-2-4 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日