ガラスを交換するタイミングとは|大田区のガラス交換ならお任せ下さい。

  • faq
Q

ガラスを交換するタイミングとは

質問 台風や地震などの災害や、誰かが故意に石を投げたり野球やサッカーのボールなどが飛んできたりしてガラスが割れることは、一般家庭でも考えられます。しかし、先日これまでガラスに何かをぶつけた記憶もないのに、家の窓ガラスにヒビが入っているのを見つけました。
ということは、窓ガラスも長く使用していれば経年劣化を起こして定期的に交換しなければいけないのでしょうか?自宅の窓ガラスを交換するタイミングについて教えて欲しいです。
併せてガラスを交換した場合に得られるメリットにはどのようなことがあるかも知りたいので、ご回答をよろしくお願いいたします。
A

窓ガラスを交換すると多くのメリットを得られます

まず、ガラスは無機物であるため基本的に経年劣化することはありません。しかし、自宅の窓ガラスはいろいろな理由から交換を余儀なくされたり、交換をした方が良かったりすることがあります。
もちろん、ガラスに何かがぶつかり割れた場合は、速やかに交換をしなくてはいけません。そのままにしていると雨風が入ってきたり、虫やゴミなどが入ってきたり、防犯上も良くありません。
今回ガラスにヒビが入っていたとのことですが、これはガラスの中に網が入っている網入りガラスに起きやすい現象です。熱割れや錆び割れと呼ばれ、ガラスとその中に入っている金属との熱膨張率の違いにより発生したり、金属が錆びてしまったりすることでヒビ割れが発生します。
ヒビ割れが起きれば徐々にガラスが弱くなり、いずれは突然ガラスが崩れ落ちてしまうので、早めに交換してください、ヒビ割れも窓ガラスを交換するタイミングです。
窓ガラスの結露が酷い場合や、西日で暑いと感じるときも、ガラスを交換した方が良いタイミングと言えます。ガラスが悪いわけではありませんが、環境に今のガラスが適していない可能性が高いです。
窓ガラスを交換することで得られるメリットには、結露を起こさなくしたり、断熱効果を高めたりなどいろいろなことが挙げられます。
近年では一昔前と比べて高機能ガラスがたくさん登場しています。なかなか割れない防犯対策に優れたガラスも数多く発売されています。
ガラスとガラスの間に特殊な中間膜を挟んだ防音ガラスは、かなり高い防音効果をもたらしてくれます。太陽の日射を遮蔽する性能の高い真空ガラスやLow-E複層ガラスには高い遮熱効果があります。真空ガラスや複層ガラスなどに交換すれば、冷暖房の効きが良くなり省エネ効果を期待できます。

PageTop

株式会社窓ライフ
大田区大森北5-2-4 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日