目黒区の浴室扉交換ならお任せください。

目黒区の浴室扉交換

ガラスの交換やドアの修理のことなら、東京都目黒区の窓ライフにお任せください。
全てのお客様に満足していただけることをモットーにして、常に感謝の気持ちを大切にし、スタッフ一同業務に取り組んでいます。
マンションやビルのオーナー、管理会社、ハウスメーカー、工務店以外にも、一般の人からの依頼にも喜んで対応しています。ガラスの交換やドアの修理のことなら、東京都目黒区の窓ライフにお任せください。

浴室扉交換

全てのお客様に満足していただけることをモットーにして、常に感謝の気持ちを大切にし、スタッフ一同業務に取り組んでいます。マンションやビルのオーナー、管理会社、ハウスメーカー、工務店以外にも、一般の人からの依頼にも喜んで対応しています。
ガラス交換とドア修理の専門店ですが、他にもビル・住宅のアルミサッシ修理・交換、網戸修理・張替・交換、窓のリフォーム、鍵の交換、後付けシャッター取付、玄関ドアのリフォーム、スチールドアの交換・修理、内窓取付、カーポート・サイクルポート取付、アルミ製品全般の取付・修理などの幅広い工事を行っています。
あらゆるメーカーのサッシやドア、アルミ製品を取り扱いしていて、経験豊富な各種工事のスペシャリストが、お客様の予算や要望に合わせて現場の状況も確認したうえで、最適な提案をさせていただきます。
相談や見積りは完全無料で、全てに納得していただいたうえで工事に取り掛かりますので、安心して取引できます。電話の他にも、メールやLINEでもお問い合わせを受付しているので、どうぞお気軽にご連絡ください。

01浴室扉交換を交換するタイミングとは

浴室扉はいつ交換すればよいか、よく分からないという方も大勢おられるようです。完全に壊れて動かくなった場合は当然修理や交換が必要になりますが、それ以外では、15年以上使用している場合、劣化が目立ってきた場合、バリアフリーなどにリフォームしたい場合などが交換のタイミングとなります。
国土交通省土地・建設産業局不動産業課が公表している浴室設備の交換目安は、15〜25年とされています。15年以上使用しているなら寿命が近づいていると判断できます。
15年以上経っていなくても、劣化が目立ってきて気になる兆候が見られる場合は、交換を検討するタイミングです。
扉がスムーズに開かない、掃除しても汚れやカビが落ちにくい場合などは、劣化の兆候が表れています。ゴムパッキンや樹脂部分にひび割れが見られたときも交換のタイミングかもしれません。

浴室扉の交換時期

浴室を利用しているご自身や家族に高齢者がいてバリアフリーにしたいという場合も、浴室の扉を交換するタイミングです。浴室扉には開き戸や折れ戸タイプがありますが、一般的に引き戸タイプはそれらよりも開閉動作がしやすくてバリアフリー環境に最適です。

02 浴室扉を初めて交換するときの注意点

浴室扉交換時の注意点

浴室扉を交換する際には、まずどのような種類があるか把握することが大事になります。浴室扉には、主に開き戸タイプ、折れ戸タイプ、引き戸タイプの3種類があって、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
浴室扉を交換するには、最低でも数万円の費用がかかりますので、後悔しないようにそれぞれの扉の特徴を把握してから工事に踏み切ることをおすすめします。
扉の故障や汚れ、割れなどが原因で交換する場合は、元々の形状を活かすことにより、工事費を抑えることができます。
他のタイプの扉に交換する場合は、扉だけでなく扉枠などの交換も必要で、開口部分を広げるなどの付帯工事も必要になると工事費用がどんどん高くなってしまいます。
コストを抑えたいなら、既存のドア枠に新しいドア枠をはめ込む「カバー工法」というリフォーム方法があります。この方法を適用できれば、浴室扉を丸々交換するよりも低コストで問題を解決できます。
浴室扉を新しいタイプに交換すると、交換後にストレスを感じてしまうこともありますので、迷いがある場合は専門家に相談することをおすすめします。しっかりと相談に乗ってくれる工事業者は優良業者の可能性が高いです。

03 浴室扉を選ぶうえでよくある3つのお悩み

1.何を基準に選べばいいの?
浴室扉にはいろいろな種類があるため、何を基準に選んでいいか悩む方が多いようですが、浴室扉は日常的に使用するものなので、第一に使いやすさで選ぶことをおすすめします。
几帳面な方は掃除のしやすさで選ぶといいですし、家族にまだ小さなお子さんや高齢者がいるなら、軽い力でも開閉しやすい引き戸タイプの扉を選ぶとよいです。

2.どの業者に依頼すればよいか分からない
浴室扉の交換をどこに依頼するのが正解なのか分からないで悩む方も大勢いるようですが、無理に1社に絞る必要はないので、気になる業者があれば積極的に問い合わせて相見積りをとりましょう。
そうすることで、どこが安く対応してくれるか分かりますし、接客態度なども比較できて、自然に依頼すべき業者がどこか見えてきます。

3.本当に交換すればよいか判断できない
完全に壊れている場合は浴室扉の交換をしなくてはいけませんが、見た目が汚くなったなどの理由で交換を考えている場合は、本当に今交換が必要なのかで頭を悩ます方も多いみたいです。
浴室扉が腐食したりカビが生えたりしている場合は、健康上にも悪影響を及ぼす危険性が高いので、交換に踏み切ることをおすすめします。

04 浴室扉の種類

浴室扉には、主に「開き戸タイプ」「折れ戸タイプ」「引き戸タイプ」の3つの種類がラインナップされています。
開き戸タイプとは、ドアノブを掴んで開閉する一般的な扉のことです。開閉方向は、手前と奥側の2種類があって、お風呂に入る時にドアを手前に引く、もしくは奥に押すかのどちらかとなります。
他の扉と比べて、掃除がしやすいことがメリットです。メーカーによってはドアにタオル掛けの設置が可能です。デメリットは、浴室や洗面所が狭い場合は扉が十分に開かない点です。
折れ戸タイプは、扉の中心が縦に半分に折れて開閉する仕様の扉で、アパートやマンションで多く用いられているタイプです。
開閉スペースが少ないことから、狭いスペースでは重宝します。ドアの中心部分が折りたたみ構造になっているため、故障しやすい点はデメリットです。
引き戸タイプとは、ふすまのように右または左方向に平行に引いて開閉する扉です。1枚ドアや2枚のタイプ、引き違いなど様々な種類が用意されています。
入り口を広く確保でき、力のない子どもや高齢でも開閉がしやすいこともメリットです。リフォーム費用が最も高くなる点はデメリットとして挙げられます。

05 東京・神奈川エリアを中心にガラス交換・ドア修理などに対応

東京都目黒区に拠点を構えて、東京都、神奈川県エリアを主としてガラス交換、ドア修理などの工事を行っています。
目黒区は東京23区の南西部に位置し、お洒落な街というイメージが強く、実際に芸能人などの著名人が数多く住んでいて、毎年住みたい街の上位にランクインしています。
中目黒や自由が丘などには流行の最先端をいくカフェやショップが建ち並んでいて、春には目黒川沿いの桜がとてもきれいに咲いて、多くの観光客が訪れます。
自由が丘は上品なショッピングスポットとして特に女性からの人気が高く、多彩なグルメ店やアパレルショップ、可愛い雑貨店が揃っています。
東京の中でも高級住宅街である目黒区には緑も多く、治安が良いことでも知られています。
生活安全課による24時間365日のパトロールや、地域住民によるパトロールなども行われていることが、長年治安の良さを維持している理由となっていて、一人暮らしの女性や小さな子どもがいるファミリー世帯でも安心して暮らせる環境が整っています。
渋谷や新宿、品川など都心へのアクセスも良好で、東京駅へも約20分で行くことができるため、通勤や通学もしやすくなっています。

06 浴室扉を交換するのにかかる費用相場

浴室扉には、主に開き戸、折れ戸、引き戸の3種類があって、それぞれで費用が変わってきます。浴室の扉のみを交換する場合は、開き戸であれば3〜5万円、折れ戸なら3〜6万円、引き戸で8〜10万円程度が相場となります。既存の扉枠をそのまま使用できて、扉のサイズが同じであれば扉のみの交換で間に合います。
ただし、扉枠に不具合があったり扉と一緒に一新したかったりする場合は、枠と扉を交換しなくてはいけないので、工事費用は高くなります。開き戸なら7〜10万円、折れ戸なら8〜12万円、引き戸なら13〜16万円が相場となっています。

comingsoon

ということで、なるべく安く浴室扉の交換をしたいならドアのみを交換する工法を選ぶとよいですが、浴室扉の交換には補助金や助成金を利用できるケースもあるので、お住いの自治体に問い合わせてみましょう。
介護保険の中にも補助金制度があるので、家族に被保険者がいる場合は利用してください。
浴室扉の交換を依頼する業者によっても、工事費用は変わってきます。依頼先によっては同じ扉に交換しても大きな差が出る場合もあるので、複数社に問い合わせて相見積りをとることをおすすめします。

07 浴室扉を交換する際の3つのポイント

01交換方法を確認する

浴室扉を交換する方法には、扉のみの交換、扉と外枠の交換、カバー工法の3つの方法があります。いずれを選択するかでかかる費用が変わってきます。
また、扉の状態や劣化具合によって交換の仕方が変わってきます。それをきちんと判断できるのは専門業者なので、信頼できる業者に相談して最適な判断をしてもらいましょう。

02扉の素材によって掃除のしやすさが変わる

浴室扉には主に開き戸タイプ、折り戸タイプ、引き戸タイプの3つがありますが、その他にも使用されている素材や造りにも違いがあります。
昔ながらのアルミ製の古い扉は、汚れやカビが発生しやすい傾向があります。形が複雑で凸凹が多いとどうしても汚れが入り込みやすくなり掃除が大変になるので、その点もよく考えて商品選びを行ってください。

03見た目だけで選ばない

浴室扉を交換する際には、見た目で商品を選んでしまう方も多いようですが、機能性や使いやすさを重視した方が商品選びに失敗する可能性を低くできます。
扉が開くスペースはきちんと確保できているかなどを、実際に設置した場合を想定してよく考えることが一番のポイントです。扉の開閉のしやすさも実際に試してみてから選択しましょう。

08 交換を依頼する業者ごとの違いとは

浴室扉の交換をどこに依頼するかによって、工事費以外にも、対応の仕方、交換までの期間、総合的な満足度などが大きく変わってきます。
浴室扉を交換してもらえるのは、メーカーやリフォーム業者、ホームセンター、工務店、ハウスメーカーなどいろいろな選択肢があります。
家を建ててもらった工務店やハウスメーカーなどに依頼すれば、高い確率で中間マージンが発生します。特にハウスメーカーは自分たちで施工することはないため、費用的にはどうしても高くなってしまう傾向にあります。
メーカーに依頼すれば、品質の良さを期待でき、安心感も得られますが、工事は直接メーカーが対応してくれるケースは極めて少なく、子会社や販売店などの関連業者が対応することが多いです。割引も適用になりにくいので、こちらも価格は高くなりがちです。
リフォーム業者に依頼する場合も、施工をどこが担当するかで工事費が大きく変わってくるので、その点を事前に確認することをおすすめします。ホームセンターに依頼する場合も、どこが工事をするかで価格は変わってきます。
浴室扉を専門に施工している業者もあるので、そのような業者に依頼すれば安く交換してもらえる可能性が高くなります。

09 浴室扉に関することでよくある相談とは

  • 浴室扉交換の相談

    浴室扉の修理や交換を希望する方からよく寄せられる相談には、扉が開かない、開けにくくなったというものがあります。
    扉が開かない、開けにくくなる原因としては、扉の変形や劣化、水気や湿気による錆、鍵部分の異常、施工ミスなどが考えられます。
    長く使用している扉は、見えない部分に負担が溜まったりして歪みや変形をきたしている可能性が高く、それにより開閉トラブルが起きる可能性が高くなります。レール部分が変形しても、開閉にトラブルが生じます。
    アルミや金属で作られている扉は、サビが付きやすく、急に開閉できなくなるようなこともあります。部品が金属製の場合もこのようなトラブルが起きやすいです。
    お風呂のドアに付いている鍵は、玄関ドアなどの鍵と比べると単純な構造のものが多くて、そのため鍵部分に異常をきたしやすくなっていて、突然開かなくなってしまうこともあります。鍵の部品が金属でできているケースも、水気や湿気でサビ付いて動かなくなることがあります。
    浴室扉を交換したばかりなのに扉が開かない、開けにくいという場合は、施工ミスや建付けの不具合が原因である可能性が高いです。すぐに施工業者に診てもらい対処してもらいましょう。

10 浴室のリフォームに関することでよくある3つの質問

質問
お風呂の寿命はどのくらい?
回答
浴室の全体的な寿命は20〜30年が目安となります。
水栓やシャワーホース、換気扇、照明などと、部分的に故障したりより早く寿命を迎えることはありますが、適宜に修理、交換することで対処できます。
ただし、浴槽にヒビが入っていたり水漏れを起こしていたり、天井や壁、床などが破損しているなら全体的なリフォーム工事が必要になります。
質問
お風呂のリフォームにかかる費用はどのくらい?
回答
お風呂場のリフォームにかかる費用は、お風呂場の広さや工法によって大きく変わります。
ユニットバスなら安ければ20〜30万円程度で済む場合もありますが、在来工法という現場で職人さんが自由設計で作る浴室となると、数百万円単位の費用がかかることも珍しくありません。
ユニットバスでも100万円を超えるような商品もたくさんありますが、比較的安くリフォームできます。
質問
ユニットバスの交換にかかる期間はどのくらい?
回答
既存の浴室の工法によってもかかる期間は変わります。在来工法からユニットバスに交換する場合は、通常3日、ユニットバスからユニットバスなら2日で工事が完了するケースが多いです。
解体工事は半日もあれば終わりますが、現場の状況や工事内容によっても期間が長くなることがあるので、現場調査を依頼して工事内容を確認しましょう。

11 業者を選ぶうえでの注意点とは

POINT 浴室扉を交換してもらえる業者の中には、最初に安い見積書を提示してきて工事が終わった後にいろいろな理由をつけて高額な追加料金を請求してくるような悪徳業者も存在しているので、そのような業者だけには絶対に依頼しないように注意しましょう。
悪徳業者は口も達者で人を平気で騙してくるので、事前に依頼しようとしている業者の評判や口コミなどをインターネットで検索して、悪評が出ていないことを確認してから相談したり見積りをお願いしたりすることをおすすめします。
悪徳業者ではないとしても、浴室扉にはいろいろな種類や交換方法があるので、ドアの状態や予算などに合わせて適切な扉や交換方法を提案してくれる業者は信頼性が高いと言えます。
電話で問い合わせしたときにきちんとしたヒアリングを行わないで、適当に扉の状態を見てすぐに工事に取りかかろうとするような業者は信頼できません。
依頼先選びに困ったときには、普段から浴室扉の交換を専門に取り扱いしていて、メーカーなどの仕入先とつながりがある業者を選択することをおすすめします。そうすることで工事に失敗する可能性を低くでき、工事費も抑えることにつながります。

12 浴槽扉に使用されている樹脂パネルと強化ガラスとは

古い住宅だと、浴室扉にガラスが使用されていることが多いです。
しかし、浴室は裸で利用する場所であり、さらに石鹸や水滴などで滑りやすい環境であるため、万一転倒してガラスに激突して割れた場合は、大怪我を負ってしまう可能性もあるため、最近では浴室扉には樹脂パネルか強化ガラスが使用されています。
一般的なのは樹脂パネルで、軽くて丈夫であるだけでなく、万が一激突して破損してしまったとしても、破片が飛び散りにくくなっています。コストもそれほどかからないため、浴室扉に不具合が起きた場合でも、樹脂パネルが使用されている商品に交換するのがオーソドックスとなっています。
しかし、ガラスに比べて樹脂パネルは半透明で見た目では決してお洒落とは言えないため、デザイナーズ住宅・マンションなどでは好まれない傾向にあります。さらに、ガラスに比べて柔らかく、傷がつきやすいというデメリットもあります。
そのため、浴室にお洒落感を求める場合は、強化ガラスを選ぶ方が多いです。通常のガラスと比べて何倍もの強度・耐久度があり、割れた際の安全面も考慮して特殊な処理が施されています。
ただし、デメリットとしてコストが高くなることと、水や石鹸などの跡がついやすいことが挙げられます。

PageTop

株式会社窓ライフ
目黒区東山2-10-6 電話:090-9104-9675 営業時間:8:00〜18:00 休日:日曜・祝日

Copyright(C) 株式会社窓ライフ All Rights Reserved.